2022年のお仕事振り返りと23年の抱負

レター配信2年目に突入しました
黒猫ドラネコ 2023.01.05
有料限定

どうも、黒猫ドラネコです。

福袋でいい思いをしたことが一度もありません。

新年最初のレターということで、守備範囲の整理がてら、昨年の印象に残った仕事を振り返りつつ、有料限定部分では今年の抱負を述べたいと思います。

この年末年始で購読いただいた方に、黒猫ドラネコはこんなことやっているヤツ、と知っていただけたら幸いです。

決して年末用に準備していたものが間に合わなかったわけではありません…!

黒猫ドラネコの2022年

< 春 >

「スピリチュアル新年会」

・ネイキッドロフト横浜にて雨宮純さんとトークイベント。小ネタを拾い上げる準備が大変なのですが、インチキ予言者などについても楽しく語らせてもらいました。この翌日に神真都Qのデモ行進があり、以後は陰謀論ウォッチの一年となった感じです。

ちなみに今年は、雨宮さんとYouTube番組カルト研究室の相談役いるみるくさんがトークイベント開催。視聴者としてめちゃくちゃ楽しみです。みなさんぜひ一緒に視聴しましょう。

「ABEMA生出演」

・ABEMAの番組、カンニング竹山さんの「土曜The NIGHT」にゲストで生出演。エセ・スピリチュアルについて解説させてもらいました。個人的に制作現場を見られて良い経験になりましたし、視聴者数10万人以上で、有意義な回になったのではないでしょうか。

有識者としてVTR出演してくださった山口広弁護士は、統一教会問題に心血を注いできた方。以前に私がエセスピ問題をお伝えしたことがあったので番組側に推薦しました。図らずもカルト問題が弾けた昨年のご活躍は皆様もご覧の通りかと思います。

今月でThe NIGHTは終了とのこと。取り上げてもらえただけでありがたいのに、竹山さんやスタッフの皆さんにとても親切にしていただき、感謝しています。お疲れ様でした。

(出演時の動画よりスクショ)
(出演時の動画よりスクショ)

「サイゾー連載ラスト」

・結果的にこれが連載最終回になってしまいました。前回にも述べたように、子宮系スピへの注意喚起をずっと載せてくれていたサイゾーさんへの感謝は尽きません。

子宮系界隈に関しては昨年もそこまで大きく状況が動くことはなく、相変わらずカネカネカネでしたね…。島に建設中のログハウスは行く末が気になるところ。詳しくはマダムゆきさんのブログでぜひ。

「前澤社長サービスの裁判に関する記事」

・裁判ウォッチャー山口三尊氏の係争を取材。経緯をまとめたのが分かりやすいと評判になって、独壇場でしたね。この記事のあと地裁では敗訴となってしまった山口氏でしたが、控訴審で逆転勝訴の判決が出ています。

山口さんは名誉棄損裁判などを熱心に追っている方。今年は某インフルエンサーについての大きな動きがありそうな予感がします。そちらも楽しみですね。

「反ワクチンの批判記事」

・この記事を出したせいで未だに叩かれます。でも正直これで叩く奴ら、そういうとこやぞと。

そもそも私は医療従事者でも専門家でもないのですが、「デマはいかんよ」というスタンスでやっています。あとはDSとイルミナティからの工作指令次第です(やめろってのに)

「小林麻耶ハジケ祭り」

・麻耶さんとスピ夫さんが昨年のワイドショーを大いに賑わせましたね。

夫婦二人して「海老蔵(現團十郎白猿)が気功師に傾倒していた」と批判していたのが本当に意味が分からなくて…。あんたのスピ傾倒と夫がやってる遠隔なんちゃらの方が酷いだろってツッコミたくて書いた記事です。

この騒動の時期、週刊誌記者や編集者さんから何件も連絡が来て、子宮系についてしっかり解説しておきました。この手のものは無償で伝えます。

< 夏 >

「陰謀論とニセ科学トークショー」

・再びネイキッドロフト横浜にて。左巻健男先生の新刊「陰謀論とニセ科学」(ワニブックスPLUS新書)の出版記念イベントでした。巷のニセ科学や陰謀論の現時点での総まとめ的な絶対に持っておきたい一冊。

光栄なことにご指名を受けて登壇させていただきました。本の通り「ニセモノを見抜くセンスを高めよう」とのテーマ。EM菌などと長年のバトルの話は興味深く、あっと言う間の二時間でした。ハサル液、バクチャー、テスラ缶などトンデモ新参モノの数々を左巻先生に紹介して科学的な見解をうかがえたのは収穫。またぜひご一緒したいです。

「安倍氏銃撃に関する陰謀論解説」

・誰もが衝撃を受けた事件でしたが、やはりこういう時に陰謀論が蔓延するのですよね。

この記事の後に「スナイパー小屋があった」なんてアホな説が出回って大きな話題に。別のメディアからもご依頼があり、この事件についての陰謀論を解説する記事を書きました。政治界隈にもアレな人達がいることがよく分かったので定期的に燻りそうな話です。

「参政党への批評」

・政治界隈にもアレな人達がいることがよく分かった、あ!すみませんコピペミスです。

かねてより注目していた参政党が参院選で議席をとってしまいましたね。あーあ。

いろいろ混ぜ込んだ集団だということを伝えたこの記事は今も拡散されるぐらい評判がよく、その後の政治資金パーティー潜入ルポに繋がりました。今年も注目しています。みんなもっと参政党について知ろう。そしてさあ目覚めよう(違う)

< 秋 >

「Qを追った本に黒猫」

・朝日新聞・藤原学思記者の著書「Qを追う 陰謀論集団の正体」の取材に応じ、第一回神真都Qデモの様子をお伝えしました。

世界を揺るがす騒動を丹念に追跡した真面目な内容の中、唐突に「黒猫ドラネコ」と出てくるのを見て、ありがたいと同時にご迷惑だったのではと客観的に…。いや、ペンネームに誇りを持たねば…。

しかし藤原記者はこんなウォッチャーやライターも全く差別せず、きちんと情報の持ち主として大事に扱ってくださる方でした。お礼に「黒猫ドラネコとして活動する~」とかでバンと本名でいくかということも頭をよぎりましたが、それは次の切り札として(?)とっておきます。

「子宮カルト漫画の連載開始」

・LINEマンガ「妻が子宮カルトに沼りました」の連載開始。もう何度も宣伝してしまって申し訳ないですが、自分の中で昨年の最も大きな仕事はこちらでした。

お話を提供して8割方は済んだ仕事ではありましたが、毎話の確認作業で張り切り過ぎてやや空回りしていた感もありつつ。漫画家さんや編集さんってすげえなあと思うばかりの日々でした。

(LINEマンガよりスクショ)
(LINEマンガよりスクショ)

今月中には最終回を迎える予定です。

原作note小説「子宮の詩が聴こえない」とは全く違うエンディングになります。どうぞお楽しみに。こうすればよかったのか…!(意味深)

ただ、実は原作の終わり方も気に入っているんです。最初からあの終わり方ありきの物語だったので。また裏話もしたいですね。

「スピ陰謀論文化祭2022」

・昨年二回目の雨宮純さんとのイベント。参政党や神真都Qのぶっちゃけ話、スピ小ネタなどを矢継ぎ早に繰り出してトークしてきました。

この回のネイキッドロフト横浜は全席が埋まり、配信でも過去最高の売り上げ。再配信を希望する声まであって本当にありがたい限りです。実は漫画の作業と原稿締め切りなど色々と重なってフラフラでしたが、やっぱりトークイベントはいいなと思いました。問題は、語りたいネタは無限にあるのに準備の時間が確保できないことですねえ。

(スピ陰謀論文化祭のお品書き)
(スピ陰謀論文化祭のお品書き)

< 冬 >

「ワクチンへの考え方」

・私の考えを最もよく表せた記事だったかなと。昨年は日本でもファクトチェックの記事がよく出ていましたし、多くのメディアがネットのデマにどう対抗するかを考えたのではないでしょうか。

結局のところ、一般の我々は、より公的な情報を捻じ曲げずそのまま捉えたらいいと思うのです。鵜呑みにしたって何も恥ずかしいことではないと思います。それより変な情報に独自解釈を加えてネットでまき散らして上から目線で喚く方がよっぽど恥です。

「陰謀論についてのシンポジウム」

・一昨年から陰謀論について斬り込んでいた読売新聞「虚実のはざま」の連載にかなり微力ながら取材協力したことが縁で、シンポジウム観覧にご招待いただきました。

仕事ではありませんが、新聞記者や大学教授の皆様の視点や提言がとても勉強になりました。私なんかツイートで茶化して着火して知らせるぐらいがちょうどいいとか思っていたこともあるのですが、陰謀論に悩む人の存在や社会問題としてのとらえ方も忘れてはいけないな、と。記事に生かしていきたいと思っています。

「実は書評もいけるで」

・集英社文芸ステーションにお声がけいただき、2冊の書評コラムを書かせていただきました。前述「虚実のはざま」を再構成した「情報パンデミック」と、雨宮純さんの「あなたを陰謀論者にする言葉」を取り上げました。

なぜか昨年は他人の記事や本を評したツイートがやけにバズったんですよ。普段からデマ屋やエセスピの批判ばかりしている反動で、誰かの功績を称えたい思いが溢れ出たのかもしれません。

それを見てくれてかどうか分かりませんが、こういうお仕事をいただくのは嬉しいです。集英社の編集さんが原稿に丁寧な手書きで修正案などの返答をくださって、それも新鮮で感激しました。

(以下は有料読者のみ全文読めます)

黒猫ドラネコの2023年は?

このペンネームでの活動も6年目に入りました。

昨年はレター配信も始め、これまでで最もよく書いて働いた一年だったと思います。この流れで今年もやりたいことはたくさんあります。

この記事は有料読者限定です

続きは、1313文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

実名顔出しについての考え
有料限定
反ワクチンラッパーさん達、それはダサいよ
有料限定
【ご報告と御礼】ついに最終回「妻が子宮カルトに沼りました」(LINEマ...
誰でも
レター配信開始から1周年
誰でも
【ダメだこりゃ】有罪判決でも懲りない面々。神真都Q元メンバー「ワクチン...
有料限定
逃げる参政党、追うNHK党。「対消滅しろ」の声も
有料限定
銀座三越を「襲撃」。反ワクチン・ノーマスク集団の酷すぎる主張
有料限定
陰謀論者二世問題を考えてしまう
有料限定