反ワクチンラッパーさん達、それはダサいよ

ライブやる場所、他になかったのかよ
黒猫ドラネコ 2023.01.21
有料限定

どうも、黒猫ドラネコです。

ほうじ茶ラテがあると必ず注文します。

あの…聞いてくださいよ。

今回のレターはまたルポの予定だったのです。18日に新橋で参政党が今年最初の大規模集会をやるっていうので。

そしたらNHK党の妨害が酷いからって急きょ中止になってしまってですね…。

以前からの流れもあったんだと思いますが。

なんか先週も同じように妨害だの逃げただので、若い参政党員が演説中にN党に泣かされたとかでワチャワチャしたみたいですね。大の大人が何やってんだか…。

一応、今回のN党のライブ配信を見ていたら立花党首がもう言いたい放題。

「新橋は参政党の聖地から墓地に」みたいな煽りもバンバン入れて2時間ぐらいオンステージでした。

あのさあ… 参政党さんさあ。

逃げるから言われっぱなしになるんじゃんか。いずれ与党になるんちゃうんかったんか?

N党なんかに言い返せなくてどう国政を担うんよ。無理にでも機会つくって公開討論やりゃいいじゃねえか。負けてもいいから立ち向かえよ。

他の誰が見捨てても私だけはずっとあなた方を見ているよ。

クソ陰謀論まじりのノーマスク・反ワクチンの変な演説と、そんなもんに沸くアホな支持者を見て「ファーw」と思いながら、これからもいろいろ書いて伝えていきたいのよ。

…まあ、というわけで、ですね。

参政党についてはまた別の機会に取り上げるとして、今回は他のトンデモ案件を綴っていくことにします。

「ノーマスク反ワクチンラッパーのゲリラライブ」の一件です。

ヒマネタにちょうどいいですわ。

**********

「韻暴論者」

反ワクチン・ノーマスク界隈で「韻暴論者」というラップがちょっとした話題らしい。

反ワクを標榜するラッパー三人がグループを結成し、俺達は危ない奴らだゼみたいな感じのノリで歌い、「コロナワクチン打ったヤツ全員バカ」「日本の物食うと癌になる」「自殺の90パーセントって他殺」「添加物でお陀仏」などの過激な歌詞が売りのようだ。

(宣伝用画像)
(宣伝用画像)

15日にはN党の黒川氏(またお前か)が主導した創価学会前のデモにも出張して披露し、色んな人らに絶賛されていたとか。

(藤倉さんのツイートより、一部が聴けます)

藤倉善郎@やや日刊カルト新聞
@SuspendedNyorai
こないだの創価学会解散デモに来てたラッパー3人組すごかった。「韻暴論者」っていうんですけど、普通に
「陰謀論者の皆さんにプレイしていただきます」
「陰謀論者!陰謀論者!」
「陰謀論者でした~」
「陰謀論者の方に拍手を~」
と聞いても全く違和感ない。
2023/01/18 13:01
143Retweet 765Likes

まず私が韻暴論者の曲などをこれまでツイートでも取り上げなかったのは、YouTube動画の再生数になっちまうのが嫌というのが一つ。

(感染対策を揶揄して歌ったりする他の集団も、同じ理由で一切触れていない)

それと、そもそもヒップホップの歴史からして反体制のスタイルであったり、統治に抗う過激なメッセージを散りばめて然るべきであって、多数派や主流をディスったりするのが流儀だろうと思うからだ。

つまり、ある意味その世界では陰謀論やノーマスク反ワクチンを説くのは普通のことだから「コロナワクチン打ったヤツ全員バカ」に対して、「捻りのないつまんねー歌詞」と言うならまだしも「なんだと!」って反応することこそが野暮であろうと思った。

逆にワクチン接種や感染対策を勧める曲なんかあったら、それこそ異端として称賛されるのではないか。

SHOの「ヤクブーツはやめろ」みたいな感じでやったらすごく面白いと思う。いや、ワクチンがヤクブーツってわけじゃなくてね…ちょっとややこしくなったなこれ。

で、実際に韻暴論者メンバーが過去にヤクブーツで捕まっていたり、なんか変な整体やっていたりも知ってるんだけど、まさかキャラではなく自分達を「陰謀論者」だとして誇っているとしたら、けっこう勘違いした痛いおっさん達だとは言える。

なぜなら本物は自分達のことを陰謀論者だとは決して言わないからだ。

あくまで周囲が「陰謀論者」と指摘するわけで。いやまあこんなの真面目に言ってもしゃーないんだけれども。

ラップ自体がうまいか下手かも、私には分からないから評価のしようもない。好きな人は好きなんだろうし好きにしろと。

わざわざツッコミ入れなくてもええわ、ぐらいに思っていた。

そう、これを知るまでは。

(これは…?)
(これは…?)

何の写真かを説明しよう。

韻暴論者メンバーは14日に代々木公園でゲリラライブをやる予定だった。

SNSで宣伝しまくって何がゲリラかってのは置いといて、当日が雨だったために急きょ場所を移動し、メンバーの知人が経営する新宿区のライブハウスを借りることになった。

子連れのノーマスクさん達も訪れるなど、彼らからすれば大盛り上がりで、投げ銭も10万円以上集まったとか。

そんな大盛況のライブをやらせてもらったとむちゃくちゃ感謝して宣伝もした会場。

その入り口の写真である。

「東京都感染防止徹底宣言」ステッカーが掲げられているのが分かる。

マジかよお前ら……。

感染防止徹底を東京都に認証された施設にお願いして借りておきながら、「マスク取って熱く踊って」「コロナは裸の王様」とか歌って飛び跳ねてたってこと?

それはダセえわ。あえて雨の中でやるより寒い。

もう一度James brownから聴け。

しかしホテルに併設された地下ライブハウスだったようだが、どんな所だったのだろう。

私は気になっていた。

この記事は有料読者限定です

続きは、2135文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

実名顔出しについての考え
有料限定
【ご報告と御礼】ついに最終回「妻が子宮カルトに沼りました」(LINEマ...
誰でも
2022年のお仕事振り返りと23年の抱負
有料限定
レター配信開始から1周年
誰でも
【ダメだこりゃ】有罪判決でも懲りない面々。神真都Q元メンバー「ワクチン...
有料限定
逃げる参政党、追うNHK党。「対消滅しろ」の声も
有料限定
銀座三越を「襲撃」。反ワクチン・ノーマスク集団の酷すぎる主張
有料限定
陰謀論者二世問題を考えてしまう
有料限定