レター配信開始から1周年

早いものですね…
黒猫ドラネコ 2022.12.30
誰でも

どうも、黒猫ドラネコです。

大晦日にまとめてやろうとした掃除はいつも間に合いません。

本当に、本当に、色々なことがあった2022年も終わろうとしていますね。

早いものでこの「トンデモ観察記」も配信スタートから1周年になります。

思いがけず配信者としてご指名をいただき、最初の1年にお付き合いいただいた皆様には配信にご不満な点もあったかと思いますが、私としては購読者の支えで途絶えさせず乗り切ることができたと思っております。

読者も順調に増え続け、「なんでこんな奴の記事が人気なんだ」と色んな人に思われたこともあったかもしれません。

本当に感謝いたします。

振り返ってみると、新年の浅草での反ワクチン街宣を皮切りに、神真都Qのデモと逮捕劇、勘違いした反マスクさん達のバカげた騒動の数々、アレな参政党のあれやこれやがあって、「カルト」に大きな注目が集まり、それらでなくても世の中が混乱。

社会の分断や人生の難しさを痛感する日々でしたね。

そんな時代にせっかく機会をいただけたので、小刻みなニュース配信よりも、私だけが書ける読み物をお届けしたいと方針を決め、できるだけ読みごたえのあるものをと送ってきたつもりです。

悩みは、まとまった執筆時間があまりとれないこと。これは必ずなんとかしていきます。

来年も常に内容をブラッシュアップしながら、もう少し明るく楽しく書いていきたいと思っています。

各方面からご好評をいただく潜入ルポも、時間の許す限りどんどんやっていきたいですね。

購読がまだの方、もしよかったら宜しくお願いいたします。

さて、月に4本ペースの配信は兼業ライターとしてはハードルが高く、しかも今年は原作者として漫画の週刊連載も開始。てんやわんやの体力勝負でした。

長い準備を経てついに始まったLINEマンガ「妻が子宮カルトに沼りました」には、予想以上の反響があり、人生初のチャレンジとしては上々のものになりました。

ありがたいことに、今もジャンル別アクセスランキングで毎週の更新日にトップに浮上し続けています。

制作陣への感謝は尽きません。

(9月にスタートしたLINEマンガ「妻が子宮カルトに沼りました」)
(9月にスタートしたLINEマンガ「妻が子宮カルトに沼りました」)

最近では、他社の漫画にもかかわらず、講談社FRaUさんに特集を組んでいただきました。すごいことに、そちらでも一時的にアクセストップをマークしました。

まだの方は私の作品への思いなどを綴った記事をぜひご覧ください。第1話の試し読みも付いています。

来春に迎える最終回ではどんなシーンが待っているのか、ぜひお楽しみに。

連載が終わっても長く読まれるように、ネット上に残る限りは大事にしていき、今作の反省を次に生かせるようにしたいです。

まだうっすらとしか見えていませんが、次回作でも進境を示せるように頑張ります。

さて、この「子宮カルト」関連ですが、実は3年間お世話になったサイゾーウーマン「教祖様注意報」が定期連載の形では今年で終了になりました。(今後はご依頼をいただけたら是非お仕事をさせていただきたいです)

今だから明かしますが、当初にサイゾーから連載のお話をいただいた時、失礼ながら「スピリチュアル業界は広く浅く繋がっている。御社オーナー(有名な方です)の機嫌を損ねて編集さんにご迷惑をかけないか。単なる悪口にならないよう工夫はするが、エセスピ批判で配慮をするつもりはない。それでも私でいいのか」と確認しました。

それに対しては「何も間違ったことをやっているとは思いません。編集から圧力をかけたりは絶対しませんので、遠慮なくどんどんやってください」のような回答をもらいました。

実際かなり自由に書かせていただいて、おかげさまで子宮系をはじめ、エセ・スピリチュアルについての記事をたくさん世に出すことができました。

そうして発信者としての背中を押していただいたことが、このレター配信や、LINEマンガの制作に繋がっています。

この場を借り、改めてサイゾーの多くのご厚意に感謝申し上げます。

今年はたくさんのメディアや、政治経済などの各方面の関係者から注目してもらい、ありがたいことに仕事の幅が本当に広がりました。

最近は「このテーマで書けますか」というご依頼も頻繁にもらえて、力が足りず断らせていただいたものや没になった企画などもありましたが、自己アピールの大事さを知った一年でした。

一方で私の名前が表に出れば出るほど、批判だけでなく誹謗中傷も受け、信じられない幼稚な謀略で貶めようとされたこともあったし、残念な攻撃も受けました。(必要とあれば時間を使ってでもきちんと対処します)

ただ、自己啓発じゃないのですが、他者のことはコントロールできないと思っているので…ひとまずいろんなものを糧に、進んでいこうと思っております。

これから自分がどうなっていくかは風まかせな面が多いですが、来年も面白いと思うことはどんどんやりたいし、ニヤニヤしながら書いていきます。

迷惑な陰謀論者の白い兎を黒い猫が狩り続けゴホンゴホン。DSからの指令をきちんと遂行ゲフンゲフン。製薬会社からの工作の…もうええわ。

2023年も甘やかすぐらいの温かい応援をいただけたら幸いです。

みなさま良いお年をお迎えください。

(黒猫ドラネコ)

「黒猫ドラネコ【トンデモ観察記】」をメールで読みませんか?

無料で「黒猫ドラネコ【トンデモ観察記】」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
実名顔出しについての考え
有料限定
反ワクチンラッパーさん達、それはダサいよ
有料限定
【ご報告と御礼】ついに最終回「妻が子宮カルトに沼りました」(LINEマ...
誰でも
2022年のお仕事振り返りと23年の抱負
有料限定
【ダメだこりゃ】有罪判決でも懲りない面々。神真都Q元メンバー「ワクチン...
有料限定
逃げる参政党、追うNHK党。「対消滅しろ」の声も
有料限定
銀座三越を「襲撃」。反ワクチン・ノーマスク集団の酷すぎる主張
有料限定
陰謀論者二世問題を考えてしまう
有料限定